平成29年度 各種助成事業一覧

※下記助成金につきましては交付申請が12月20日までとなりますのでご注意ください。

(環境対応車導入促進助成金、EMS用機器導入促進助成金、アイドリングストップ支援機器導入助成金、安全装置等導入促進助成金、ドライブレコーダー導入促進助成金、アルコール検知器導入促進助成金、SASスクリーニング検査助成金、可動式導入防止装置助成金、ETC2.0車載器導入助成金、衝突被害軽減ブレーキ装置導入促進助成金)

 

助成事業

助成額

○環境対応車導入促進

「岐ト協助成+全ト協助成+(国交省補助)」

・CNG車   2tクラス(通常価格との価格差の内)

    4tクラス(    〃       )     車両総重量 25tクラス(     〃     ) 

・ハイブリッド車 tクラス

tクラス

・CNG車〔使用過程車改造〕

 
「岐ト協単独助成」 車両総重量

・ディーゼル車  小型車(3.5t超 7.5t以下)

         中型車(7.5t超 12t以下)

          大型車(12t超)

 

岐ト協       全ト協

 133,000円 +   134,000円

 500,000円 +   500,000円

 1,000,000円 + 1,000,000円

 96,000円 +     97,000円

 335,000円 +    335,000円

 100,000円 +    100,000円

 

岐ト協

    20,000円

    50,000円

   100,000円

○EMS用機器[車載器のみ]

 

機器単価の1/3(上限30,000円)

※国との併用不可

○アイドリングストップ支援機器

 ・全ト協及び岐ト協助成対象機器

  ・岐ト協助成対象機器

 

機器単価の1/2(上限6万円)

  〃     1/4(機器ごとに上限あり)

○グリーン経営認証(営業所ごと)

 取得30,000円 更新20,000円

○安全装置等

・後方視野確認支援装置

・側方視野確認支援装置(車両総重量7.5トン以上)

  ・呼気吹込み式アルコールインターロック

   ・後付ASV装置

 

 20,000円(全ト協10,000円含む)

 10,000円(全ト協10,000円含む)

   20,000円(全ト協10,000円含む)

 20,000円

○ドライブレコーダー[車載器のみ]

 ・運行管理連携型

 ・標準型

 ・簡易型

 ・DR・デジタコ一体型

機器単価の1/3で下記の限度額まで

30,000円(全ト協20,000円含む)

20,000円

10,000円

50,000円(全ト協20,000円含む)

※国との併用不可

○アルコール検知器(機器及び交換用センサー)

機器等価格の1/3(1営業所10万円まで)

○SASスクリーニング検査

検査費用の1/2(全ト協含む)

○可動式突入防止装置

装置単価の14(上限50,000円)

○ETC2.0車載器

車載器1台あたり2,000円

●衝突被害軽減ブレーキ装置

   (車両総重量3.5t以上、8t未満)

装置単価の1/4

(上限50,000円、全ト協分含む)

 

○安全技能講習 ※陸災防にての受講に限る

 ・フォークリフト運転技能講習

 ・ショベルローダー運転技能講習

 ・はい作業主任者技能講習

 

受講料の1/2

※同一従業員につき、各1回

○上位運転免許取得

 ①大型免許、中型免許(限定解除は除く)

 ②けん引免許(大型免許保持者のみ)

③中型免許(8トン限定解除)

 ④準中型免許

 ⑤準中型免許(5トン限定解除)

 ※④,⑤は全ト協要件【H28.10.1以降採用の若年運転者          (概ね27歳未満)等】を満たす者

 

 

①・② 取得費用の1/2(上限50,000円)

③取得費用の1/2(上限30,000円)

④取得費用の額(上限40,000円、全ト協分含む)

⑤取得費用の額(上限25,000円、全ト協分含む)

※同一従業員につき1回、1事業者40万円まで

 

○健康診断受診

・定期健康診断(全11項目※)

 ・定期健康診断(省略)、深夜業務従事者(2回目)

 ※労働安全衛生規則に基づく11項目

 

運転者1人につき

,500円

,000円

※原則として年1回、深夜業務従事者は年2

 

○自家用軽油供給施設整備

施設の新設   20万円

タンクの増設  10万円

  〃  代替  10万円

※別途 全ト協より助成あり(別申請)

○ドライバー等安全教育訓練 ※指定実施機関

【二泊三日】 

・初任ドライバー研修

・安全運転管理者研修

・貨物ドライバー安全研修 など

 -----------------------------------------------------

【一泊二日研修】 ※指定実施機関

・安全運転研修

・貨物ドライバー習熟研修

   ・添乗指導者養成研修  など

------------------------------------------------------

○中部トラック総合研修センター

・物流スキルアッププログラム(研修)

・物流大学校講座(物流経営士取得)

  ・物流技能専門校講座

   

                                      

受講料の7/10                   

※Gマーク事業所は全額                             

                1事業者

--------------------------------  5名まで 

                                         (予算に限度あり)

 

10,000円  

                                                                                    -----------------------------------------------------

 

1日あたり 5,000円(半日 2,500円)

100,000円( + 全ト協50,000円)

  30,000円

○適性診断受診(1運転者につき3年に1回)

・一般診断

・初任診断

  ・適齢診断

                

,300円

,700円

 ,700円

○運行管理者講習

・基礎講習(1営業所につき年間5名まで) 

  ・一般講習(1管理者につき2年に一度)

           

,700円

 3,100円

○整備管理者研修

 200円(手帳代)

○運転経歴証明料

 630円(運転者のみ年1回)

○中小企業大学校

  ・短期講座

 

 受講料1/3( + 全ト協1/3)

○運転資金等の借入れに伴う利子補給【一般会計併用】

借入れた額の1%(上限30万円)

○信用保証料

信用保証料の1/2(上限20万円)

※別途 全ト協 10万円(上限)セーフティーネット関連

       20万円(上限)激甚災害関連

○近代化基金融資                (融資限度額)

①一般融資           3,000万円

  ②ポスト新長期融資       5,000万円

 利子補給率

0.3%

   0.3%(内0.1%は全ト協負担)

○経営診断受診促進 【全ト協助成】

 ・総合的な経営診断

 ・経営改善相談

 

診断費用の1/2+2万円(上限10万円)

  3万円

○インターンシップ導入促進支援【全ト協助成】

受入れ期間 3日間    9万円

受入れ期間 4日間   11万円

 受入れ期間 5日以上  13万円
 
 
 

一般会計

○指定保養施設 保養施設1泊2日

本人3,000円 家族1,500円

○スポーツ施設

・長島温泉ジャンボ海水プール

  人   2,200円(利用者負担金)

小学生   1,600円(   〃  )

 幼児(2才以上)700円(   〃  )
 
 
 
1. 運転経歴証明の発行を希望される方は、運転経歴証明書利用願いを協会に提出するとともに、自動車安全運転センター(TEL 058‐274‐1000)に交付申請を行って下さい。
2. 適性診断・運行管理者講習は実施機関に直接申し込んで下さい。
3. 保養施設をご利用される方は、別紙の指定保養施設等一覧の注意事項をご参照下さい。
   
   
   
Copyright© Gifu Trucking Association. All rights reserved.